読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【アオの想い】ほんとうのじぶんを どこかに追いやって生きている全ての人へ。

f:id:aotoasobo78:20170128110810p:plain

 

じぶんの生き方に

「こんなもんで」という【力の出し惜しみ】はいらない。

 

 

わたしの人生どうせこんなもの

 

なんていうことは

 

 

あなたの潜在能力を

ただ出し惜しんで生きているだけでしかない。

 

 

あなたの中に潜んでいる力は

 

 

そんなもんでも

こんなもんでもない。

 

ほんとうに丁寧で心のこもった仕事にふれたり、

 

ほんとうに心がこもった料理をたべたり

 

ほんとうに心がこもった文章を読むと

 

わたしたちの顔から自然に笑顔がこぼれて

満たさされる気分になったり、

胸が熱くなったりするのは

なぜだろう。

 

 

たぶん

人間といういきものは

「あなたは大切な存在で、生きている価値がある」というメッセージを

常に探し求めている生き物だからだ。

 

だから、そういうモノにふれると、

大切にされていて、生きている価値があるというメッセージを

受け取る。

 

それが足りていると

どんどん元気がでてくるし

満たされて行く。

 

そうして満たされると

次は

誰かに対して

「あなたは大切な存在で、生きている価値がある」というメッセージを

含んだ事をしてあげることができる

 

それが役に立つということ。

 

役に立つことは

結局自分自身にも

「あなたは大切な存在で、生きている価値がある」

というメッセージを送る事にもなる

 

そこにお金というツールが入れば

それは商売になるし

 

そこに愛するということがメインになれば

家族ということになる。

 

 

こんなものでいい

という生き方、働き方、在り方は

人々がそういった働き方や生き方を通して

自分自身を傷つけていることにほかならない。

 

 

多くの人が分自身を

「こんなものでいい」というメッセージをおくりながら

働くということは

 

自分自身を「疎外」していく行為。

 

ほんとうのじぶんを

どこかに追いやって

人生のほとんどの時間を過ごす事の苦しさは

 

やがてそうした働き方から生まれたものを手にする人たちも

疎外するという循環をうみだしていく。

 

 

 

 

「こんなものでいい」

ということをやめるということは

全力で自分に向き合うということ。

 

 

能の世界で

ワキ役とシテ役というものがある

 

ワキ役はただじっと動かず黒子のようにそこに佇んでいる役割だ。

 

じっと動かずいる役を

彼らはどのように演じているのかというと

 

まるで高速回転している駒のように

じっと動かないでいる。のだそうだ。

 

 

動いていないようで全力で体中のエネルギーは動いている。

 

 

私たちは行動が全てというと

 

まるで動いている事は全てとおもわれるかもしれない

 

けれど

じつは

動かないということも

動いている事であって

 

それを全力で真剣に自分自身のためにやるということが

大切なのだ

 

「こんなものでいい」というところを抜け出す為に

多くの人ががむしゃらに働く。

 

けれどじつはそうではなくて

 

「こんなものでいい」というところを抜け出す為に

遊び、休み、緩む

 

ということも

 

行動するということとおなじくらい大切。

 

動=静

 

 

「あなたは大切な存在で、生きている価値がある」

 

そのために

私たちはそのメッセージを受け取れることをすればいい。

 

それは

ある人にとっては

おもいっきり動き回る事かもしれないし

 

ある人にとっては

おもいっきり休む事かもしれない。

 

 

けれど両者とも

それだけをしていれば満たされるわけでもなく

 

いつでも自分が今どうしたのか

どうありたいのか

自分の内側とつながって

その瞬間瞬間に寄り添って生きて行けるということが

大切なのです。

 

 

大島由香書く

 

イベントのご案内 

 

本という媒体を通して伝える、私の、あなたの、人生のストーリー。

 

リブロアネクテカchapter1

日時: 1/28 (土) 13時~

場所 : 横浜Roof Top cafe

参加費 : 1000円(飲食代別)

参加方法: 

リブロアネクテカ参加フォーム

 

リブロアネクテカchapter2

日時: 2/25 (土) 13時~

場所 : 横浜or都内(参加者のみにおしらせ)

参加費 : 1000円(飲食代別)

参加方法: 

リブロアネクテカ参加フォーム

 

リブロアネクテカ詳細はこちら

Libro Anecteca

 

リブロアネクテカとは・・・

 

「本」という意味の「リブロ」

 

英語のanecdoteと

スペイン語のbiblioteca

を掛け合わせた造語「アネクテカ」

  

一人一人に隠された人生のサイドストーリーを集めた

『逸話の図書館』という意味です。

 

 

アオHPhttp://aotoasobo.com/